依存や中毒性のない安全な睡眠薬の市販はしていない?

中毒症や依存性に絶対ならない睡眠薬は市販していません

弱い成分でもメンタル面が不安や必要性を感じてしまうのです

市販の睡眠薬を必要としている肉体的、精神的状態の両方が解決するまでは克服できません。

基本的にどちらが本当の理由で寝れない状態になっているにせよ、依存はフィジカルだけではなくメンタル部分も改善されなければ、安全に回復したとは言えないのです。

依存は疲労が溜まっていたり、栄養が足りなかったりするケースにはバランスの良い食事を摂ったり休憩をしたりすれば作用はよくなります。

メンタルで依存してしまうと脱却するのは難しい

商品詳細

しかし依存することは、ストレスや不安、焦りなどが理由となっている状態ではいくら市販されている薬局や駅前のドラッグストアの商品を摂取したからと言っても、これからこういった問題が解決したわけではないので注意しなくてはいけません。

その状態を何度か繰り返してしまうといつのまにか知らない間に耐性です。

気持ちの部分で入院しなくてはいけなくなる依存や中毒症となってしまっているような最悪のパターンが頻繁に見られます。

少なからず自殺という判断を誤った方もいます。

サイトの詳細

近年、このように開発されている商品は以前より研究が進み配合されている成分自体は事前と睡眠導入剤を比較すると非常にこれは弱いものになっています。

安全と言う面では少なからず進歩しました。

しかし、ここで油断してはいけないのはどんなに弱い成分でも問題が解決されない限りです。

結局はこれは絶対に睡眠薬の中毒や依存症とならないものは現段階では販売されていないという事です。

これには科学や医学では解明できない理由も含まれています。

人間の内面のちょっとした変化は病院で医者に診察をしてもらって内服しても解明できない安全ではない例が、実際に過去にもいくつもあります。

市販の睡眠薬はアルツハイマーなどにも関係することがあります。

不眠症は特に健康や丈夫な体であることに弱くない、関係がないと自負する自信がある方こそです。

一度、ここで市販されている比較して軽いと言われているものでも安易に手を出してしまうと依存して嵌ってしまうケースも多いようです。

店舗の写真

気が付かない間に依存してしまう睡眠薬の中毒性の恐ろしさ

継続期間が長ければ長いほど安全でなくリスクも大きくなる

単発的な一時的な利用よりも、日常的に睡眠薬を摂取しているよりも中毒や依存症になる確率は弱く低いと言えます。

病院で処方を受けているにせよ市販されている商品を購入しているにせよ、それはさほどの差はありません。

いくら医師に指導を受けているにせよ毎日慢性的に飲まなければ寝れていない安全でない状態が続いているのであれば、辞めるには開始してからと同じかそれ以上の期間が必要となってしまう例がほとんどです。

これは量や回数が関係しているものではなく、気が付かない間になかったら眠ることができない、いつも不安で仕方がない、睡眠薬に依存し些細なことでイライラしてしまう状態に自然となっているのです。

周囲がいくら注意したとしても本人にはそれほど自覚がないケースが予想以上に過去にも多くあります。

また、克服できないとこれは中毒性と依存の恐ろしさに後になって気が付きます。

摂取を開始する前の状態よりずっと睡眠導入剤の克服が難しい肉体と精神になってしまっているのです。

所謂アルツハイマー以外にはパニック障害やうつ病なども含めて、直ちに入院しなければこれらの問題が解決しにくいのは作用が心の病気であるからです。

専門の医師でも形に見えないものを安全に判断するのは簡単な事ではなく、市販の睡眠薬は成分によっては一度誤って依存し嵌ってしまうと抜け出せないのは治療法が難しいという理由もあります。

やめたいのに寝れない恐怖心や不安で継続してしまう危険な状態

問題ない状態でも精神的に依存してしまう傾向

一度、不眠症などの悩みから解消されるとどうしてもメンタル的にも頼ってしまいがちです。

やめたい苦しい状態がずっと継続していて結果的になくてはならない、睡眠薬をやめられない手放せない状態になってしまいます。

できるだけ期間を延ばすことが辞めるための第一歩です

これを防ぐためには飲んでいる時も、それ以外の昼まで起きれない生活習慣を修正する努力を行っていく趣旨のトレーニングをすることです。

例えば処方されなくても毎日規則正しい時間に食事をしっかりと摂るようにする、適度な散歩や柔軟体操などの軽い運動でも毎日行うようにする。

適度な疲労感は必要ですし、それが自然とルーティーン化されることによってより体内時計がより管理しやすくなります。

これは市販のお酒や煙草の量を適正にし、出来る限り健康と言えるような暮らしに、徐々に変化させていく事が重要なのです。

それがここで出来なければ販売されている睡眠薬から離れることは状況に関わらず難しくなってしまいます。

やめたい意志やできるかぎり摂取しないという気持ちを維持するのは、前向きなトレーニング的にも非常に難しいことですが、大切です。

最初は、ずっと毎日飲んでいたとしてもです。

これを徐々に減らしていく努力を欠かさずにしていきましょう。

以前より少しでも寝れる時間が多くなれば精神的にも肉体的にも状態が徐々に落ち着いてきます。

それに伴いこういった恐怖心や猜疑心や眠れない不安も薄まっていきます。

市販の睡眠薬だけでなく、これから慣れてくればさらに冷静な判断ができるようになるでしょう。

包丁

長期になればなる程やめたい気持ちとは裏腹に簡単には抜け出せない

使用した期間が長期であれば比例して難しくなる

初心者の方は睡眠薬販売で購入する際は辛さや救いを求める気持ちの方が強くて、アフターケアまでは考えられる余裕はほとんどないと言っていいでしょう。

また一度、安心感を得てしまうと効果の強さや弱さに関わらず、肉体ではなく精神が求めるようになってしまいます。

これは喫煙よりも更に、やめたい気持ちがいくらあっても長期になればなる程、減らしたい気持ちと反比例して理想とは裏腹に恐怖心や怖さが芽生え始めてしまうのです。

ストップしたらまた以前の様な苦しい生活に戻ってしまうのではないかというような、否定的でネガティブなメカニズムの思考になります。

これが結果的に簡単には、朝起きれなくなったり抜け出せなくなってしまいます。

何度もこれを繰り返すうちに数か月が過ぎ、既に睡眠薬が必要のない状態であるにも拘らず、やめられないで飲んでしまうのです。

アルコールやタバコのニコチン、パチンコなどのギャンブルなども同様に手放せないで依存してしまっている方は、現在の自分がどのような状態にいるかを冷静に判断できていません。

それどころか、いつのまにか普通で当たり前のことのようになってしまいます。

まだ、やめたい意志があるうちに解決策を病院の医師と相談し探していきましょう。

こういった難しいシチュエーションの時は信頼できる家族や友達などと徹底して市販の睡眠薬を相談してから行動をするようにしましょう。

勝手に自分一人で状況を判断するのは辞めましょう。

直ぐに睡眠薬をやめたい場合の最優先すべき行動は病院で医師に相談する

最優先すべきは病院の医師の判断です

自分一人の勝手なジャッジで判断してしまうのはどんな状態であってもリスクがあります。

睡眠薬販売から離れられない、直ぐにやめたいシチュエーションから抜け出すことができない場合には通販する前に迷わず専門医に診察をしてもらいましょう。

最も大きな理由としてこのような症状を抱えている方は、減らしたいと同じような事を繰り返してしまう傾向にあります。

完治したと思ってもちょっとしたきっかけで再発してしまったり、朝起きれない、昼寝してしまうなど自分の意志でコントロールすることが難しくなってしまいます。

そういった時に冷静にケア方法を支持してくれる本当に頼れるパートナーがいるといないのでは安全面で安心感が段違いです。

仲の良い親や兄弟、恋人や友達には悩んでいたとしても、これは簡単には相談できないケースでも同様です。

煙草と同様で自分一人で戦おうとしてしまうにはメンタルもフィジカル部分も現在の弱っている、睡眠薬をやめられない状況のままでは力不足なのです。

そういった時に支えてくれる、ゆっくりと経過をしっかりと見守ってくれる担当の医師を見つけましょう。

いずれにしても、市販の睡眠薬でも癖になるとどうしても手放せない、上手に離れることができないなどがあります。

苦しいやめたい時にすぐに行動をすることが解消するための一番の選択すべきポイントと言えるのではないでしょうか。

依存や中毒を予防する一番効果的な方法は睡眠薬を摂取しない事

依存しないためには連続して摂取しない事を心がけましょう

また自分だけで判断しないという事も万が一でも中毒症状を起こしたり依存しない上で安全で大切な事です。

相談できる誰かがいるのであれば話をして入院をしなくても済むような市販の睡眠薬でない解決策を見つけていきましょう。

誰かに甘えられるということはメンタル面を安定させるためには不眠症対策の重要な要素の一つでもあるのです。

家族や兄弟、恋人や友達の協力があれば克服するのにも強力なサポートになります。

まず眠れない際の予防策としてはできる限り内服しないという事が、ここでは一番効果的であることを忘れてはいけません。

そういう相手がいない場合は精神科で相談をするようにしましょう。

誰かと話ができる、悩みを打ち明けることができるというのは、弱いメンタル面を支えてくれる有益なチョイスと選択すべき外すことの難しいポイントになります。

もちろん自分の周囲でそういう状況で困っている誰かが、もしも現れた時は逆に助けてあげなければいけないのです。

依存や中毒性のない安全な市販の睡眠薬は存在しません。

解消するための他の方法はないのか、これが本当に必要なのかどうか、成分も踏まえて何度も確認をしましょう。

原因は導入剤や薬では解決できないものであった時も実際にはあるかもしれません。

いくら強力なもので一時的にケアしようとしても残念ながら失敗してしまうだけです。

命やライフスタイルを変えるほどの睡眠薬には影響力があるという中毒となる事を忘れてはいけません。

自宅のドアノブで首吊りやビルから飛び降りの自殺をした人も睡眠導入剤では過去には多くいるのです。

アルツハイマーの際は更に気をつけなくてはいけません。

結果的に後々、依存して後悔しないためにも冷静な判断をするように安全に市販の睡眠薬の扱いに心がけましょう。


HOME


このページの先頭へ