偏頭痛に悩まされている人はかなり多くいます

このページ内の記事

偏頭痛の原因と睡眠不足との関係

頭痛の中でも多いのは偏頭痛と呼ばれるタイプの頭痛です。

男性よりも女性に多く見られる特徴があります。

偏頭痛は、頭の血管が過度に拡張することが原因と考えられています。

頭の血管では、ストレスなどが引き金となり、神経伝達物質であるセロトニンが異常に増えます。

この異常に増えたセロトニンが太い血管を収縮させた後、次ぐに過度に拡張することで、腫れや炎症を引き起こし頭痛が発生します。

睡眠不足だけが偏頭痛の原因とは限らない?

また、血管の周囲を取り巻き、顔面の近くや咬筋の動きを司る三叉神経がストレスなどの刺激を受けることで、血管を拡張する物質や刺激物質を放出し、血管の過度な拡張と血管周囲の炎症が起こることで頭痛が発生する説もあります。

女性の場合は、ホルモンバランスの変化により月経前後に発生しやすい傾向があります。

偏頭痛の特徴として前兆があると訴える人が多いことです。

そのため、偏頭痛は前兆のあるタイプと前兆の無いタイプの2種類に分けることができます。

よく知られている症状では、頭痛の発生する30分前から数時間前に目の前にチカチカと輝く光が現れます。

光は視野の中心から片隅にかけて部分的に見えにくくなる症状です。

閃輝暗点と呼ばれており、偏頭痛の特徴的な前兆です。

病院に行っても偏頭痛は解消されないことがほとんど?

偏頭痛は、検査だけでは分からないため、症状をできるだけ正確に医師に伝える必要があります。

症状の特徴としては、偏頭痛の回数が月に1回から2回、多い場合は週に1回から2回くらい繰り返し起こること、痛みが1時間から2時間でピークになり、4時間から72時間程度続くこと、痛み方がズキンズキンもしくはガンガンとした激しい痛みが脈拍と一致して続くことなどがあります。

一般的には偏頭痛の治療では、予防、痛みの緩和、痛みを止めるなどの目的に合わせて治療薬を使い分けることになります。

仕事や日常生活に支障をきたしている場合は、市販薬ばかりに頼らずに頭痛に詳しい医師の診察を受けたほうが良いとされています。

痛みを和らげる時に服用するアスピリンやアセトアミノフェンは市販されていますが、頭痛が起こる前に服用する塩酸ロメリジンや塩酸プロプラノロール、塩酸アミトリプチリンなどは医師の処方が必要となります。

中程度の頭痛発作や激しい痛みの時の治療薬も医師の処方箋が必要となります。

どうしても偏頭痛以外にも緊張型頭痛や群発頭痛などの慢性頭痛は一次性頭痛と言われています。

一次性頭痛とは、他に頭痛の原因となる病気がなく、頭痛自体が治療対象になるもののことです。

それぞれ痛みの発生する頻度や痛む場所、痛み方などが異なります。

そのため、症状を正確に医師に伝えることで、有効な薬を処方してもらうことができます。

対して、二次性頭痛は、脳出血や脳腫瘍などの何らかの病気の症状が原因で発生しているため、いつもと違う頭痛を自覚した際にすぐに病院を受診する必要があります。

偏頭痛の症状と処置方法とは?

偏頭痛の場合は、薬だけに頼らずある程度までであれば痛みを鎮める方法があります。

まず、冷却グッズで冷やすことです。

頭の過度の血管により偏頭痛が引き起こされているため、痛む場所をジェルシートなどの冷却グッズを使って直接冷やすことで、血管を収縮させることができるため、痛みを緩和することが可能です。

逆に身体を温める行為であるシャワーや入浴は、血管を拡張させてしまうため避けるようにします。

また、ストレスが溜まることで頭痛が発生しやすい状態になります。

そのため、十分な睡眠時間の確保や栄養バランスの良い食事、適度な運動など規則正しい生活を心がけることです。

ただし、眠り過ぎも良くないため注意が必要です。

他にも、人混みやまぶしい光、騒音などは、偏頭痛を誘引させることがあるため、人混みは避けるようにし、光に対してサングラスなどを使って防ぐ工夫を行うことです。

偏頭痛が起きる原因とメカニズムとは?

頭の片側、もしくは両側がズキズキと脈打つように痛む偏頭痛。

月に数回、あるいは週に数回の間隔で痛みが起こり、あまりにひどい場合は日常生活を送るのさえ困難になる病気です。

ただこの頭痛は一般的には病気とはされていません。

頭痛の中には脳や神経などの病気に起因するものも多くありますが、偏頭痛はこれらの病気が原因ではない頭痛のことをさします。

ですから本格的に偏頭痛に対処しようとすれば、長期にわたって治療を続けることを覚悟したほうがいいでしょう。

偏頭痛に対処するためには、まずそのメカニズムを理解することが重要になります。

この頭痛は脳の血管が何らかの原因で拡張することで引き起こされるとされています。

脳内の血管が拡張すると、その周囲にある三叉神経が圧迫され刺激を受けます。

刺激を受けた神経は炎症物質を放出し、これが痛みの原因となっているのです。

このメカニズムから考えると、まず痛みへの対処方法としては冷やすという方法があります。

血管が拡張して痛みが引き起こされるので、その部分を冷やして血管の拡張を抑えるのです。

偏頭痛を引き起こしているとされる血管が通っている首の後ろや、痛みが起きている部分を直接冷やすと効果的です。

温めると逆に血管が拡張しますので、頭痛が起きている際はシャワーや入浴を控えたほうが無難です。

また偏頭痛が起きている時は、光や音といった刺激に対して敏感になることがあります。

したがって暗く静かな空間で休んだほうがいい場合もあります。

仕事などやむを得ない場合を除いて、外出などは避けたほうがいいでしょう。

臭いに対して敏感になる人もいますので、自分の症状を把握してこれらの刺激を避けるように心がけることが大切です。

もちろん偏頭痛に対する基本的な対処方法は、薬を服用することです。

効果はある?偏頭痛の市販の薬

現代はこの偏頭痛に悩まされている人も多いので、ドラッグストアや薬局に行けばさまざまな薬を手に入れることが可能です。

これらの頭痛薬は多くの場合、血管の拡張を抑える成分が含まれていますが、数多くの種類の薬が販売されていますので、どの薬にすればいいかわからない場合は自分の症状を薬剤師やスタッフの人に伝えて、症状や体質に応じた薬を紹介してもらうといいでしょう。

ただし薬を服用する場合は用法や用量をしっかり守ることが必要です。

なかには症状がでていないのに予防的に薬を服用する人や、より高い効果を期待して用量以上の薬を飲んだりする人がいますが、これらの行為には危険が伴います。

薬に頼り過ぎていると、薬物の乱用にもつながってしまいますので、必ず添付書類に書かれている服用方法を守りましょう。

市販薬を服用しても症状が改善しない場合は、医療機関を受診するのも一つの方法です。

偏頭痛は病気とはされていませんが、ひどい場合には生活の質を落としてしまう重篤な症状です。

最近は痛みに関する専門外来を設けている医療機関もありますので、このようなところを利用して専門医のアドバイスを受けるのもいいかもしれません。

さらにこれから先も偏頭痛を起こさないための予防措置も大切になります。

偏頭痛が起こるメカニズムは完全に解明されているわけではありませんが、その原因となっている可能性のあるものについては判明している部分もあり、その原因を日常生活から取り除くことで頭痛が起こるのを予防できるかもしれないのです。

予防や改善する事は偏頭痛は難しい?

偏頭痛の予防措置としては、規則正しい生活を送ることが重要になります。

当たり前のことのようですが、適度な睡眠や栄養バランスのとれた食事の摂取などは、やはり偏頭痛の予防のためにも有効とされているのです。

さらにストレスや過度の緊張を避けるというのも必要です。

ストレスが過度にかかったり、極度に緊張していたりすると、人によっては頭痛が引き起こされることがあります。

仕事をしているとストレスや緊張にさらされることを避けるのは難しいかもしれませんが、日々の生活の中で少しだけでもストレスや緊張から解放される機会を設けることが偏頭痛の予防につながります。

忙しい生活を送っている人こそ、毎日の暮らしの中で短時間でもリラックスできる時間を作るように心がけることが必要です。

このように偏頭痛が起きた場合の対処方法や、予防措置についてはさまざまな方法があります。

どれも普段の生活の中で取り入れられるものですので、痛みに悩まされている人はこれらの方法を試してみるといいでしょう。

ただし上記にも上げたように、頭痛の中には病気に起因しているものもたくさんあります。

普段と違うところが痛んだり、痛みの感覚がいつもと違う場合などは何らかの病気が原因となっているかもしれません。

痛みに慣れてしまうとついつい自己判断しがちですが、病気かどうかを判断するのはあくまでも意思の仕事です。

症状に違和感を感じた場合は安易に自己判断してしまう前に、まずは病気のプロである医師の診断をあおぐことがなにより大切です。

HOME

このページの先頭へ